ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露!

皆さんこんにちは!

今回は誰もが一度は疑問に思ったことのあるテーマ「ストレッチは痩せるのか?」について紹介したいと思います。

特に女性の方が注目するタイトルだと思いますが、ストレッチは筋肉を伸ばす行為であり、男女ともに参考になる記事です。

僕が現役時代に約2000人のお客様にパーソナルストレッチを行っていたときもよく質問を受けていましたし、結果的に痩せていく人も何人もみてきました。

その中で共通点がいくつかあったので皆さんにも共有しますね。

痩せるストレッチは存在するのか?

2019 07 12 17h56 21 300x197 - ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露!

では早速結論から言いましょう。

ストレッチで痩せるのかどうか?それはYes!です。

毎日ストレッチを続けられている皆さんはきっと痩せられていることでしょう!

えっ?痩せてない?はい、その通り。ストレッチのやり方を間違えると痩せることはありません。

いくつかポイントがあるのでこれからお話していきます。

静的ストレッチは痩せない

ストレッチと聞くと、呼吸を意識して、ゆっくり伸ばしていくのが主流ですよね。

ジムの後に行ったり、ウォーミングアップで行ったり、寝る前の習慣として5分~10分程度のストレッチを習慣されている方もいるでしょう。

しかし、この静的ストレッチは運動量がそれほど多くなく、消費カロリーも低い。

筋肉をゆっくりほぐすという意味ではリラックス効果や安眠効果に繋がりますが、痩せることを目的にした時には威力を発揮しません。

そもそも痩せる基本はカロリー消費ですよね。

例えば基礎代謝が1300kcalの人が毎日1500kcal食べれば当然太ります。

しかし200kcalを運動で消費すればプラスマイナスゼロの状態となり痩せも太りもしません。

更に運動で400kcal消費するとなるとマイナス200kcalとなり、そのような生活が毎日続けば痩せていきます。

静的ストレッチは5分~10分程度行っても20kcal程度でしょう。

これでは痩せるには難しいことがわかりますよね。

動的ストレッチは痩せる可能性が高くなる

続いて動的ストレッチですが、これはアスリートのウォーミングアップ等でも用いられる方法です。

動的ストレッチはあらゆる筋肉を連動させて行うため、静的ストレッチに比べて消費量が多くなります。

つまり動的ストレッチは運動に匹敵すると言えるでしょう。

一般の方が動的ストレッチを行うメリットは、消費量の向上だけにとどまらず、動かしたことのない筋肉を動かすため、新しい刺激と体内バランスが整います。

modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=1&autoplay=0">
#038;modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=1&autoplay=0" width="480" height="270">

こちらの動画をみるとわかりますが、静的ストレッチに比べて動きが激しく、カラダ全体の筋肉を伸ばしていることがわかります。

カラダが硬くて動画のようには動けない人でも、見よう見まねで行ってみてください。

全身の筋肉がしっかりほぐされる感覚がありますし、心拍数も高くなり有酸素運動効果も期待できますからね!

10分~15分の動的ストレッチで消費するカロリー量は約100kcal程度でしょう。

静的ストレッチに比べて数倍の消費が見込めます。

でもたかが100では意味がないのでは?そう思う方にも朗報です!

動的ストレッチは筋肉を根本的にほぐすため、一般の方が行うと基礎代謝が高まるだけでなく、関節痛の予防や肩こり腰痛も解消されることが多々あります。

ダイエット効果も高くなると同時に、カラダのケアも行えるのは素晴らしいことですよね。

こいうなってくると動的ストレッチは生活の中で欠かせなくなり習慣になるのです。

ストレッチで痩せるのは結果的に健康意識が高まるから?

2019 07 13 14h55 01 300x189 - ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露!

ここからが本題です。痩せるためには摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大切なのはわかったと思います。

とはいえダイナミックストレッチで運動効果があっても痩せない人もいますよね。

実は、ダイナミックストレッチを続けると、とある意識の変化がみられるようになります。

この意識変化が結果的に痩せることに繋がることがわかりました。

一体どのように変化するのかみていきましょう。

ストレッチを続けると健康意識が高まり痩せていく

毎日ストレッチを続けているうちに、自然と健康意識が芽生えてきます。

人間には意識改革の段階があるとも言われていますがこのような名言があります。

「意識が変わると行動が変わる」

「行動が変わると習慣が変わる」

「習慣が変わると人生変わる」

これをストレッチに例えるてみましょう。

「痩せたいからストレッチを続ける」

「ストレッチを続けると少し痩せて健康意識が更に向上する」

「健康意識が向上すると、食事、運動、睡眠などの生活習慣も変わる」

「生活習慣が変わると、体格と人生が変わる」

どうでしょう?

まさにこの思考と行動の変化は僕がみてきたお客様も同じことを言っています。

例えばストレッチ目的だった人が、筋トレを始めるようになった、ヨガをやり始めたなんてことはよくある話です。

食事に関しても適当にコンビニ弁当で済ましていた人が、自炊をし栄養素を考えるようになったり。

睡眠時間の短い人が、寝る前の習慣を変え、すぐにベッドに入ったりと相乗効果がもたらされたのです。

つまりストレッチを続けた結果、相乗効果をもたらす習慣を手に入れたということですね。

これはすごい意識変化ですよ。

お客様の中には3ヶ月で6kg痩せてファッションを楽しめるようになったとか、子供の運動会までに恥ずかしくないカラダにして堂々と人前に出れるようになったとか。

カラダが変わると人生が変わるとはまさにこのことですよね。

ストレッチで痩せる秘訣は小さな成功体験を積むこと

2019 07 13 15h12 49 300x197 - ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露!

ストレッチで痩せる人と痩せない人の差は、モチベーションも関係しています。

人は目標に対してある程度小さな兆しが見えないとモチベーションが落ちます。

例えば10kg痩せるんだ!という目標をもって毎日体重計に乗り、日々変化のない体重を目にすると嫌になりますよね。

これは近視眼的になりすぎて気持ちがブレブレな状態です。

そもそも体重はそんなすぐには変わりませんから1週間に1回程度の計測が理想的です。

つまり短期すぎてもダメですし、長期すぎてもダメ。

もう一つのポイントは1週間に1回の計測で徐々に減っていることを確認すること。

1週間で0.5kg痩せていればまた1週間頑張ろう!って思えますからね。

毎日のストレッチはコンディションも良くなるため、前向きになりますし、仕事のパフォーマンスも高まります。

今日を期に新しい習慣形成に取り組みましょう!

ダイナミックストレッチに関してはここで紹介した動画をやるだけで十分な運動量になります。

是非続けてみてくださいね!きっとあなたの人生は変わり始めます!


bgt?aid=200313944574&wid=005&eno=01&mid=s00000020421001009000&mc=1 - ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露! 0 - ストレッチは痩せる?知らなかったカラダの不思議を暴露!
おすすめの記事