nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ?

皆さんこんにちは!

アフィリエイトコンサルの神様であるnihongo1000さんは主婦でも受けることが可能なのか?について書きたいと思います。

まずnihongo1000さんは文字通り、日本語教師でした。

昔は塾の先生をやりながら色々な生徒をしごいてきたのです(笑)。というよりも本当に生徒思いの先生であり、できるまで自己犠牲をいとわずサポートしてくれる。

当時は生徒からの人気も高く、会社を辞める時は、必死で社長に止められたそうです。

簡単な紹介はここまでにして、早速今回の趣旨でもある主婦がアフィリエイトで成功するためにnihongo1000さんは活用できるのかどうか?を暴露していきます。

nihongo1000さんのコンサル生には主婦が多い

2019 08 20 10h52 39 300x200 - nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ?

主婦が多い理由として、やはり副業の手段としてアフィリエイトを取り入れる方がいること。これは主婦ならではの悩みや、趣味を通して発信することで同じ主婦層の人たちがアクセスし、成果と繋がりやすいからですね。

男性にはない女性ならではの結束感とでもいうのでしょうか。まるで誰かが始めると連鎖的に主婦の方は真似するようです。

特に家にいながらできる副業と考えると限られてきますよね。でもアフィリエイトなら全く関係なく時間、場所どこでもできるから捉われることがないのです。

子育て世代、子供が自立してこれから第二の人生の始まりという方もいるでしょう。

家の仕事は男性が思うほど簡単なものではなく、時間もかかりしんどいものです。nihongo1000さんのコンサル生の中には主婦が4割いると思います。

これは僕の勝手な推測に過ぎないですが、会員になるとフェイスブックでお互いの進捗状況を確認します。その中で主婦の方が多い印象をもったので、ざっと4割くらいでしょうか。

ちなみに会員数は1000人を超えています。実際に稼働している方は約400人くらいでしょうか。まだ数千円の方もいれば、上は月収600万までいますからね。

これはすごいことですよね。ちなみにこの600万の方はわずか4年で成果を出しました。

普通に考えて4年目に年収7000万を超えるビジネスってなかなかないですよね。いや、あったとしても負債が残っているはずです。

銀行から借り入れして年収7000万でも負債が10億とか20億なんてざらにありますからね。しかしこのアフィリエイトは基本負債という概念が皆無状態です。

なぜならインターネットは今や数千円で使いたい放題ですからね。このビジネスチャンスは早々ないですし主婦の方でも始めやすいという観点から人気が高いのです。

もし仮に収益が数千円だとしてもマイナスになることはありませんから勝てるビジネスです。それにnihongo1000さんの言っていることをしっかり把握して、勉強していけば数千円で留まることはまずないでしょう。

僕の感覚として最低でも月10万円の自動収入システムは構築できると思います。

nihongo1000さん会員の主婦の方はどんなジャンルでやっている?

2019 08 20 11h06 13 300x197 - nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ?

アフィリエイトで最も悩むことがジャンル選定です。

基本的にあなたが興味のあることや、これまでやってきた経験値をもとにサイトを作成していくことが良いですが、日本人は控えめなのか必ず人に比べて自分は劣っていると思いがちです。

従って全くジャンルを決めることができません。ここで大切なのは人がどうであろうと、自分が興味のある分野であれば探求心もありますし続くということ。

ではnihongo1000さんのコンサルを受けている主婦の方はどんなジャンルでやっているのか紹介しましょう。

①主婦ならではの掃除サイト

主婦の方は毎日家の掃除をしますよね。お風呂場の汚れが取れない、台所の油をなんとかしたい。色々試して使ってみたけど一体何がいいのかわからない。

そんな方に主婦目線でポイントやグッズを紹介してあげるとマネタイズが成功します。現に掃除サイトを通して月収数十万円を稼ぐ人もいますからね。

これから始めようとする人は既に競合がいるから諦める。ではなく別の切り口からサイトを作成していくことが大切なのです。

例えばトイレ掃除に特化してもいいでしょう。あるいはフローリングの汚れに特化したサイトでもいいでしょう。あまり広範囲の掃除サイトになるとボリュームも多くなるのでその辺は気をつけましょう。

②主婦ならではのアパレルサイト

この方は主婦をしながらファッション系のサイトを構築しています。月収は10万程度でしょうか。特に洋服を売るというよりかは、洋服に興味のある方は美容にも興味があるためそっちの商品を販売して収益化しています。

アパレル系は大手メディアも参入していますし、勝ち目がなさそうに見えるのですが、集客のためのサイトとしてマネタイズは別のもの。

こういった流れも可能です。でも自分一人でここまで構成するのは難しいですからnihongo1000さんの発想力を借りて、コンサルを受けることで頭がスーッとスッキリするのです。

僕も発想力が乏しく、近視眼的なサイト構成になるところをアドバイスによって広がりをみつけることができました。

③主婦ならではの会員サイトで月収数百万円を突破

もはや上級者になってくると自分で会員サイトを作成し、そこにユーザーを集めコンサルをしたり、自分で作った商品を購入したりと収益化が半端ない状態になります。

こちらの方は、昔からアメブロで雑記ブログを作り込んでいたためマネタイズが早かったそうです。2年目にして月収100万を超えていたそうで。

もともとブログをやっていて何も収益化していない方は今すぐnihongo1000さんのコンサルを受けることをお勧めします。おそらく収益化までの速度は格別に早いでしょう。既に100記事持ってる人とそうでない人の違いは言うまでもないですからね。

僕は0からスタートして半年で月収10万を突破しましたが、通常1年作り込んで1万円稼げるか否かの世界です。でもやり方によっては早くする方法は何個でもあるのでその辺の裏技も全て教えてくれますからね。

主婦ならママ友にコンサルもできる

2019 08 20 11h29 33 300x190 - nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ?

まずは自分でアフィリエイトを学び、月収5万くらい突破したらすぐにコンサル活動を始めましょう。月収5万でも年間60万ですからね。

それに最初に作り込んでしまえば半自動で収益化できちゃうのでこれは嬉しいですよね。

僕も最初は自分で作り込み、システムや苦労するポイントなど自分で体感したからこそ今ではアフィリエイトコンサルが可能となりました。

おそらくサラリーマンをしていても毎年年収が50万ずつあがる企業なんてほぼありませんから。更に自分で構築したサイトが収益化することが大切で、なにより自信に繋がります。

特にお子さんをお持ちのお母さんであれば子供の教育上、自らの体験と照らし合わせ、工夫することの大切さや自ら考える主体的思考など教えることができますよね。

日本の教育は周りに合わせることが重んじられるため、主体性が欠乏してしまいます。更にファイナンシャルリテラシーつまりお金の教育も全くありませんよね。

だから教育してあげることができるのです。子供のためならやろうと思いませんか?

アフィリエイトクラブ‐個人の独立につなげるブログ構築術

アフィリエイトのコンサル料金の相場は1時間いくら?

最後にアフィリエイトのコンサル料金の相場だけお伝えしましょう。

多くの企業や個人でやっている人達のコンサル料金は1時間1万円です。この相場は半端なくないですか?

でも正直1時間しかないと、PCの設定や色々ネットワークの乱れによってタイムロスすることがあります。それでは何も進みませんし、得するのはコンサル側。

こんな世界をぶっ壊す!という野心を掲げているのもnihongo1000さんです。

nihongo1000さんのコンサル料金は1万円と同じ!しかし時間無制限。デザイン、サイト構成、SEO対策、LPの作り方、メルマガの始め方等全て含まれます。

業界では変人と呼ばれていますが、これぞ塾の先生魂ではないでしょうか。生徒が困っているならとことんサポートしてやろうじゃないか!そんなスタンスが目にみえてわかります。

nihongo1000さんは地方でもスカイプを通してコンサルしてくれますし、これまでのハウツーを全て無料で公開しています。

ただし会員サイトに登録しないとコンサルは受けられないのでご注意ください。っていっても15000円の月額4980円ですから破格ですよ!

出会えた人はラッキーすぎます!こちらがnihongo1000さんの会員サイトです。どうぞみてくださいね→アフィリエイトクラブ購入者限定特典!詳細はコチラ

そして個人コンサルを受けられる方はコチラ→http://admall.jp/af.php?shn=10000452&aff=10037208

 


bgt?aid=200313944574&wid=005&eno=01&mid=s00000020421001009000&mc=1 - nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ? 0 - nihongo1000のコンサルは主婦でもできる?実績はピカイチ?
おすすめの記事